• カスタマーサポートへのお問い合わせ
  • 048-865-8121

Q&A

自前のチューブを使用したいのですが、可能ですか?

使用が検討できるチューブならテストいたします!

ポンプ作用させるにはチューブの復元力が必要なので、硬すぎる/やわらかすぎるチューブは使用できません。

ある程度の復元力があり、使用が検討できるチューブであれば、送っていただければ、テストいたします!

1台で複数の対象物の送液は可能?

異なるチューブをご用意することで解決できます!

送液したい対象物の分だけ交換チューブをご用意していただければ、複数の対象物に対応できます。

その際、対象物の内容によってチューブの素材をご提案いたします。

修理・オーバーホールは依頼できますか?

はい、可能です。

まずは、機種情報(型式・製造の年月・番号)、故障内容をお知らせいただき、ポンプをお送りください。

状態を確認し、お見積りをいたします。ただし、古い年式・型式のものは対応不可の場合もあります。

どれくらいの粘度まで送液可能ですか?

機種により、1000mPa・s~5000mPa・sまでは送液対応できます。

ただし、吐出量は粘度によりカタログ数値より低下します。

粘性液を送る場合は、配管長を極力短くしてください。

購入を検討しているのですが、デモ機はありますか?

あります。条件として、発送時:着払い、返却時:発払いで送料はご負担ください。

貸出料は無料です。(一部有料となるチューブもあります)また、同送のアンケートにご協力ください。

パネルポンプは同じ性能の据置型でお試しください。

どのようなものがローラーポンプで送れますか?

液体、気体が送れます。送るものに対してチューブが対応可能であれば、業種を選ばずご使用いただけます。

食品、医薬品、化粧品、油、酸・アルカリ液、溶剤(一部不可)などが送れます。

スラリーにも対応していますが、チューブをローラーでつぶす関係上、あまり大きな固形物には対応できません。